« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

エコキャップ

Ca3y1a59 エコキャップ回収報告

9月分 118,800個

ご協力ありがとうございます。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

スクーバダイビング交流会2010

Cazb4lvz 9月25日~26日に愛南町の西海で開催されたスクーバダイビング交流会に参加してきました。

25日は強風の為中止となりましたが、本日26日は穏やかなお天気に恵まれ予定通り行われました。

参加人数は25日37名、26日35名です。

昨日の風がぴたっと止み、10:00に西海の船越から2隻のボートに分かれて出航。

Cap7vk1z 私たちのグループは1本目、横島周辺。2本目、鹿島周辺にエントリーしました。

海里ダイビングスクールのファンダイビングでは西海では潜らず、内海で潜っているのでとても新鮮な1日でした。

同じ愛南町でも西海と内海では若干、海洋生物も変わってきます。

普段、あまり見られないものがいたり、逆に良く見られるものがあまりいなかったり。

とても面白かったです。

毎年、この時期に開催されるので、みなさんも参加してみてはいかがでしょうか?

定員制限がありますので予約はおはやめに!!

では、また来年を楽しみに!!

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (2)

2010年9月24日 (金)

探し物

P9240207 ビーチダイビング 気温28度 水温25.7度

ちょっと探し物があって潜ってきました。

水温が1℃下がっていました。P9240203

一日にして・・・

透明度は昨日と同じです。

サザナミヤッコは現れませんでしたが、アカヒメジ・オオスジヒメジ・フタスジタマガシラ・クロユリハゼなど確認できました。

P9240205 オオスジヒメジは図鑑で調べて初めて名前を覚えました・・・今までも見てたかも知れないですね~。ヒメジも奥が深いですね・・・アオリイカもだいぶ大きく成長していました。

内海生物図鑑ですがやっと200種類の画像が集まりました。

http://www1.ocn.ne.jp/~kairi/zukan.html ←海里愛南海洋生物図鑑のページ

ちなみに探し物は見つかりました!!

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

近いし!

P9230101 ビーチダイビング 気温26.5度 水温27.3度

宇和島からお越しのIさんご夫妻です。P9230177

20日は柏島で潜ったそうです!

愛南町ははじめて(愛媛が初めて!)

近いし!またきてくださいね~。

一足入るとすぐそこにサンゴがあって驚いていました。

透明度はあまり良くはありませんでしたが、なんといってもサンゴに復活の兆候?が見られたように思います!(10%位ですが・・・)

P9230172 今日はサザナミヤッコも現れ楽しい海でした。

風が吹きそうだったので2本連続で行きました。

水温も例年並みに下がり、サンゴ復活に期待大です。

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

白王神社奉納相撲

P9220078 毎年、旧暦の8月15日に行われる白王神社奉納相撲に行ってきました。

中秋の名月・・・月が綺麗でした。

~由来~

白王神社の奉納相撲(口絵18参照)の由来は次のように語り継P9220075 がれています。それは、昔、平碆地区一帯に住民の3分の1が感染するほどの疫病がはやりました。そこで当時の平碆の長が有志を集めてこの疫病を早く治してもらうため白王神社に願をかけ、年に一度、奉納相撲をすることにしたそうです。すると疫病は下火になったそうです。ところが、それから17年後、何らかの事情で奉納相撲を取りやめにしたところ、その年にまた疫病が発生したそうです。それ以来この奉納相撲は途切れることなく、1年で最も明るい中秋の名月の晩に村内の子どもたちや近郷他町村から相撲好きの参加者を招いて実施しています。

生涯学習情報提供システム〈えひめ地域学〉より抜粋

http://ilove.manabi-ehime.jp/system/regional/index.asp?P_MOD=2&P_SNO=16&P_FLG1=3&P_FLG2=2&P_FLG3=4&P_FLG4=3

P9220085 ちびっこ相撲と大人の相撲。

どちらも迫力満点です!

特に大人相撲は音が凄いです。

とてもご利益がありそうな奉納相撲でした。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

カメラ

P9200038 ビーチダイビング 気温30度 水温27~28℃

今日は、Mさんご夫妻です。

昨日は柏島で潜ったそうです。

のんびりカメラで撮影したいとのご希望でビーチへ。P9200052

普段、あまり人が入らないポイントへ行きました。

貸し切り!静かです。

P9200051 通称ムックと勝手に呼んでいるサンゴがあるんですが、最近ガチャピンのような色になってきました。そこで撮影した写真をみてびっくり!マナティーに見えませんか?

それはさておき、その周辺でエビ・カニの撮影。ナマコマルガザミやオドリカクレエビなどを見ました。

奥様はギンポ系が大好きらしいので、今日は沢山見られて良かったです。

カモハラギンポ、可愛いですよね。

P9200063 そしてキクラゲのように見えるサンゴもあります。まあ、案の定私たちはそのサンゴをキクラゲと呼んでいますが・・・

海って面白いですよね!

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

にぎわい

P9190001 ビーチダイビング 気温32度 水温27度

ベテランダイバーのKさん・Sさんです!

お二人とも関東で潜られていたので同じ匂いがします!

お天気上々。

P9190002 ビーチは他のダイバーも沢山きて、賑わっていました。

ここのビーチのサンゴは致命的なダメージを受けています。

P9190012 最近良く確認される(同じもの)オニヒトデ。

そしてサンゴの白化現象。

P9190020 すでに白化が始まって2週間程経過。

復活の兆候はまだ・・・・・

他のダイバーのみなさんもショックを受けていました。

水温も27℃代が続き、気温も秋の気配を感じる涼しさですが・・・

海の中のダメージは大きかったようです。

P9190027 そうそう、かわいらしいワンちゃんに出会いました。

人間大好き!

すっかり仲良しになりました。

ご主人さまは海の中。

お利口に帰りを待っていました。

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

べた凪

P9180012 ボートダイビング 気温30度 水温27~28℃

卒業生のTさん兄妹!頑張って潜っていますよ!P9180025

今日の海は穏やか。

風もなく流れもありませんでした。

若干、透明度が落ちていましたが贅沢は言えませんね。

何しろ穏やかな海洋状況ですから。とにかくまったりダイビング!P9180029

沖のサンゴは元気でしたよ。白化もさほどなくで魚も沢山います。

キビナゴの群れが凄かったです。

P9180022 耳抜きを心配していたMちゃんですが、バディーの協力もあってすんなり潜れました。

やはりダイビングはバディーシステムが大事!

二人とも少しずつですがウエイトの調整もできてきて中性浮力もばっちりです。

来週は西海のダイビング交流会があります。P9180039

二人ともそれに向けての調整もできて良かったです。

鹿島、楽しみましょうね~。

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

白化継続・・

P9160033 今日はなんと!千葉からお越しのNさんです。

四国一周、室戸、竜串を潜り愛南町の旅です。

愛南町のサンゴは知る人ぞ知るサンゴでしたが、只今白化継続中。

しかも、拡大中・・・・・です。P9160029

P9160024 水温は、27℃まで下がったのですが、まだ復活の兆候は見られません。

でも、ベテランダイバーのNさんはオキエソとにらめっこをしたり、ミナミハコフグの幼魚を発見したりして潜ってくれました。

一番の見どころのサンゴが元気なかったのですが、それなりに楽しんでくれました。

P9160038 午後は、愛南町のグリンツーリズムに参加していた、金沢大学の学生とスノーケリングを楽しみました。P9160060

やはりサンゴが気になったのですが、とても元気に楽しんでくれたようです。

本当は、元気なサンゴを見てほしかったのですが、これが現状。

P9160067 後輩たちに、この体験を伝えてほしいと思います。

でも、若いってすばらしい!!うらやましい!!

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

ECO LUXEさん

P9140010 真夏日連続59日が昨日で途切れたそうです。

愛南町では30℃あったけど・・・それでも涼しかったです。

今日のECO LUXEさんのメンバーは元気!元気!P9140007

器材も新品だし、やる気まんまんです。

海も穏やか。

P9140011 岡山のみなさん!そんなECO LUXEさんと一緒にもぐりませんか~?

カメラのコースもあるみたいですよ~。

集まれ~!!

ECO LUXEさん!そうそう、先日の桃ジャム美味しかったです!013

桃太郎の国ですもんね!岡山!

ありがとうございました!

Diving Club Eco*LuxeさんのHP→http://www.eco-luxe.jp/divetour.html

愛媛も海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

お天気なんとかもちました

Cacr2by2 予報は雨でしたが、そこは岡山のECO LUXEさんが来てくれたのでばっちり晴れました!

やっぱり、運をもっています!

ボート組の方々は岡山のクラブ マハロ(ハワイでありがとうの意味)さんと今治からお越しのTさん親子です。Ca86symf

風が吹く予報でしたが、やはりECO LUXEさんのおかけで吹きませんでしたよ!

凄いです。

P9120062 水温は28℃。流れは少々。

タキゲンロクダイやツユベラ、なんといってもアジとキビナゴの大行進があったそうです。P9120071

イソギンチャクは少々白化ぎみ・・・でも、持ちこたえています。

沖のサンゴはビーチに比べて生き残っているようです。

P9120086 もう少し、水温が下がれば復活するかも!

それに期待しましょう!

みなさん、ありがとうございました!

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

白化と産卵

Sora 今日は岡山のクラブマハロさんが潜りに来てくれました。P9040127

水温は28℃。浅目は30℃位あります。

サンゴの白化は進行中です。

今日の愛媛新聞に愛南町のサンゴの産卵の記事がありました。

11日愛媛新聞より

海中ゆらり 命のダンス 愛南「白化に負けずサンゴ産卵」

西日本有数のサンゴ群生地、愛南町須の川沖の海中で9日夜、サンゴが一斉に産卵。ピンク色の小さな無数の粒が海中を舞う神秘的な光景が展開された。高水温や紫外線などの影響でサンゴから共生藻が抜ける「白化現象」が見られるが、その中で今年も星の数ほどの新しい命が誕生した。

新月の午後9時半過ぎ、白化したサンゴに囲まれたミドリイシの仲間が卵塊を大量に放出。ゆらゆらと浮かび上がった無数の卵塊が海面を染めた。

足摺海洋公園のサンゴを研究している高知県大月町の黒潮生物研究所によると、サンゴの産卵は月齢との関係が深いという。今年は昨年より2週間以上遅く、旧暦ではちょうど1ヵ月遅れ。岩瀬文人所長は「初夏の水温上昇が遅かったので、サンゴの成熟が遅れた可能性がある」と分析する。また例年は8月中旬までに海水温が下がり始めるが、今年は9月に入ってからも水温が上昇。岩瀬所長は「この水域でも白化現象が見え始めた。ただサンゴに共生藻が残っていれば復活する」と話している。(樋口和至)

P9090039 先日、その産卵の取材に立ち会ったのですが

元気なサンゴはおびただしい数の卵を海中におくりだしていました。

記事の通り、水面はピンク色に染まっていました。

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

凪だけど・・・

P9100047 本日は愛南町からのお客様です。

Sさん母娘。仲良し!

お母さんはちょっとブランクがあったのでゆっくりのんびりダイビングをしました。

バディーシステムもしっかりとれています。P9100052

透明度は少し悪かったです。

サンゴの白化現象もここ何年かで一番進んでしまいました。

半分以上は褐虫藻が抜け真っ白です。

今日の水温は27℃代。褐虫藻が戻る事を祈ります。

P9100049 しかし、水中はひっそりとしていました・・・

白化したサンゴのまわりには魚はいません。

本当にどうなってしまうのか・・・・

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

白化現象

ここ愛南町の海でも起こっているサンゴの白化現象。

今日の朝日新聞に白化現象の記事が載っていました。

https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/hmzEvSyxk8←aサロン・科学面にようこそ

朝日新聞より抜粋

サンゴのうち、サンゴ礁をつくる種類を「造礁サンゴ」という。造礁サンゴの体内には「褐虫藻」という植物が共生している。健康なサンゴが褐色などの濃い色をしているのは、主に褐虫藻の持つ色素のせいだ。

褐虫藻はサンゴの体1平方㌢あたり100万個前後もいて、光合成によって栄養をつくり、サンゴに渡す。その代わりに、サンゴの体内にすみ、外敵から守ってもらっている。サンゴの老廃物は褐虫藻の栄養になる。

健康なサンゴでは、この共生のバランスがうまく保たれているが、高い水温などのストレスが加わると、サンゴの体内で元気な褐虫藻が大幅に減り、骨格が透けて白っぽくなる。これが白化だ。

サンゴは必要な栄養の大半を褐虫藻に頼って暮らしている。このため、種類にもよるが、白化した状態が数週間続くとサンゴは飢え死にしていまう。

~途中省略~

東京海洋大の岡本峰雄教授らは、沖縄にある日本最大の珊瑚礁域「石西礁湖」で、白化の発生と気温の関係を解析した。「石西礁湖」に近い石垣島で気象庁が観測した74~09年の気温データをつかった。

その結果

①平均気温が30℃以上の日が6~9月に計30日以上

②30℃を超えた分の累計が10を超す

の2条件がそろうと石西礁湖の広い範囲で白化が起きることが判明した。

~略~

褐虫藻は色素を多く含んだ元気な状態で体外に出るのではなく、体内にいるうちに弱って色素が減ったり失われたりしている事を、実験データは示している。

「白化というと、褐虫藻がサンゴから逃げるようなイメージがあるが、実際には、サンゴの体内で弱り、サンゴの体外に排出されている」と説明する。

今まで、褐虫藻が逃げ出すと思っていました・・・

高温に強い褐虫藻もあるそうです。白化したサンゴが回復する場合、もともと共生していたタイプの褐虫藻が戻る場合と高温ストレスに強いものに入れ替わる場合とがあるみたいです。バクテリアの感染も影響するとか・・・

色々な要因があって起こる白化現象。

自然は奥が深いです。

P9040123

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

愛南町総合防災訓練

P9050025 震度6 マグニチュード8.4の地震を想定して防災訓練が行われました。

私が実際経験した震度は4(千葉県)でしたがそれでも歩けないほどの揺れでした。

当時、中学生で体育館で授業の最中でしたが、床が波のように歪んだのをおぼえています。

P1010028 今回は訓練だったのですんなり避難することができましたが、もし震度6の揺れが来たら怖くて動けないかもしれません。

そうそう、海の中でも地震に会いました。遠くから地鳴りが聞こえ耳の側で大太鼓をたたくような音がしたのを記憶しています。(揺れは感じませんでした。震度3)

海里ダイビングスクールの避難場所はすぐ隣です。(みんなおぼえておいて!)

近い!でも、海がすぐ側なので津波も注意が必要です!

P9050030 内海運動公園グランドでは、煙体験ハウスや降雨体験装置、土石流3Dシアターなどの体験・展示コーナーもありました。

また、防災ヘリによる災害地の上空偵察および、海上保安部の船艇による沿岸部の状況調査なども見てきました。

一番、印象に残ったのは仮設のお風呂。

しばらく見入ってしまいました。P1010054

今世紀前半にも発生の恐れのある南海地震。

良い勉強になりました。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

113年間で

P9040090 今年の猛暑、気象庁によると1898年の統計開始以来113年間で最も厳しい暑さの夏らしいです。

今日はカメラのチェックにビーチに行きました。

いつものようにザブザブと海に入ると、温いんです!海が!

水面は32℃!-2mで29.2℃。-20mでも28.3℃あります。

P9040122 被写体を探しに泳いでみると、サンゴが真っ白。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

クリーニング

今年の暑さは30年に一度の異常気象らしいですよ。海も温いです。

私は海に入る時、グローブをつけるのが嫌いなんです。なんか嫌なんです。

ずっと千葉でガイドをしている時はグローブは着用しませんでした。

074がしかし!!最近、加齢とともに手の甲にシミが出てきたんです・・・

今までのつけが出てきてしまい、遅いとは思いますが最近はグローブを着用するようになりました・・・

でも、なんか気持ち悪いんですよね・・・で、久々にグローブを外して潜ったらなんとまあの解放感!

ついでにクリーニングシュリンプに掃除をしてもらいました。

画像はオドリカクレエビです。

この時期とても多く見られます。良く、魚の鰓や身体、口の中までお掃除している姿を見かけます。

068 身体を左右に揺らしながら

「お掃除しますよ~いかがですか~?」とアピールします。

その姿が踊っているように見えたのかな~。

久々の素手でのダイビングはよかったな~。

愛媛の海でダイビング!海里ダイビングスクール

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »