« 良好! | トップページ | 水面と水中 »

2009年5月11日 (月)

危険生物

012 今日も太陽がまぶしかったですね~。

海のシーズン到来ですね~。

さて、本日は危険生物のお話を少し。

これから海水浴に行く機会が多くなるとおもいますが、その時に注意して頂きたいと思います。

砂浜のビーチなどに遊びに行く場合は砂地などにエイが隠れていたりします。

Eiこのエイですが尻尾の付け根に毒針があり、誤ってエイを踏んでしまうと驚いたエイが暴れ足に針が刺さってしまう危険があります。エイの毒はかなり強烈で激痛を伴います。刺された経験がありますが、痛みがおさまらず痙攣をおこしたりします。万が一刺されたら病院に行ってください。

磯遊びなどの場合、岩に寄生しているフジツボやカキなどの貝類で足を切ってしまう場合があります。この切り傷は傷は浅いのですがなかなか治りません。切り傷の中に貝の破片が残っている場合、骨髄炎をおこす場合があります。

053 ガンガゼを踏んでしまうと、踏んだ時に針が折れ患部に残ってしまいます。

サンゴ地域では、サンゴによる切り傷も結構治りが遅いです。

他にも色々ありますが、海で遊ぶ場合はマリンブーツや手袋などを着用すると以上のような危険性が減少します。

是非、快適に遊ぶためにもお試しください。

|

« 良好! | トップページ | 水面と水中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。